2016
31
Oct

ときめき

障がい者就労移行支援 ときめき【30】書類作成→就労

今日が終われば、今年も残すところあと2ヶ月です。


時間は待ってくれませんね。


就労移行支援のサービスを利用出来る期間は2年間と定めてある為、決められた事を行なっていかなければ、あっという間に期限が来ます。


もちろん、真剣に訓練を行えば、期限とは関係なく早めに就職する方もいます。


早期の就職だから偉い!とか遅いから駄目だという訳ではありません。


目的は皆さん同じで「就労」です。


企業へ就職した後で、きちんと勤め上げる事が大切です。


就職が近づくと訓練内容が少しずつ変化していきます。


パソコンでのデータ入力訓練や、軽作業を行う事が少なくなり、書類作成訓練が増えてきます。


面接に必要な書類だけでも最低3つは作成しなければなりません。


それは他人が作れるものではない為、ご自身で作成します。


履歴書は必ず必要ですよね。






次に大変なのは「ナビゲーションシート」と呼ばれる、自分の障がいや症状について

予め説明をまとめた書類を作成します。


なかなか自分の事なので、作成している方は苦戦する方がほとんどです。


ですが、この苦戦している時間を一生懸命に行う事で、実際の面接では質問に対する返答能力がつくのです。





 
コメントは利用できません。